22

IoT向け通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発、第一弾となる3G通信モジュール「obsidian (オブシディアン)」のクローズドβ開始

 株式会社センシグナルは、IoT(Internet of Things)用途を想定した通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発しました。商品化へ向けた第一弾として、組込用3G通信モジュール「obsidian(オブシディアン)」のクローズドβプログラムを、2月22日より開始します。
 本プラットフォームは、クラウドサービス「NETDWARF cloud」、通信機能に加えプロセッサ・メモリ・ストレージ・電源回路等をコンパクトに実装したプログラマブル通信モジュール「NETDWARF device」、そして「NETDWARF device」用の拡張基板「NETDWARF leaf」で構成されています。本プラットフォームに含まれる製品・サービスはプラットフォーム内で完結できるよう設計されていますが、ユーザー自身が他社から調達あるいは自社で開発した機能も含め、プラットフォーム外の要素も自由に組み合わせて利用することができるため、様々な用途において柔軟な対応が可能です。また、今回クローズドβプログラムを開始する「obsidian」では、既存の他の方法に比べて容易に3G通信機能を組み込むことができます。
 今後、クローズドβプログラムを発展させ、より多くのユーザーに向けたオープンβプログラムを4月頃より開始し、2017年第2四半期の一般向け販売を目指します。